こんにちは。青山(高)です。

先週は寒かったですねー!
冬、到来でしょうか?

今週は暖かくなるという予報もあります。
体調を崩さないように注意しましょう!


さて、先週の寒い日だった12月4日、
三ノ輪にある『青山の家の室内別温度状況』を見てきました!

条件としては、24時間換気が稼働しており、
無暖房の状態。
人は住んでいません。

外気温はこんな感じでした!

20151205-67.jpg

豊橋中消防署の百葉箱で10.5℃。

南側の窓はシャッターが下りており、
吹き抜け上部もロールブラインドで日差しがあまり差し込まない状態。


うーん、測るには怖い環境。



結果です。


1F キッチン。この家のほぼ中央に位置しています。

20151205-img_6576.jpg

奥様がいるキッチンを基準として見てみましょう!



次、1F 洗面脱衣室。

20151205-img_6577.jpg

暖かい!
ちゃんと理由があります。
しっかりと朝の東の光が入るように設計しています!



2F 主寝室。 

20151205-img_6578.jpg

結構暖かい。想定内。
暖かい空気は上に行きますので、こんな感じでしょう。




つづいて、2F 北側の部屋で掃き出し窓のすぐ前。 
一番厳しい環境の場所です。

20151205-img_6579.jpg

トリプルガラスの断熱性能を持って、この温度。
普通のアルミ複合サッシで大きな窓を選択したら
とても冷える部屋になってしまいます!!


で、結論。

家の温度差は1.4℃。
人の動きや暖房などない状態で、この感じです。


これで人が住みはじめると、家の中に空気の流れが生まれ、
さらに温度差はなくなると思います。


私たちは家が原因となる病気や死亡の可能性を減らし、
健康で快適な家づくりをしていくことが使命だと思っています。



そして、お得で楽しく豊かな暮らしが出来る様に、
日々勉強して、皆様に良い家を提案させて頂きます。