カテゴリー: money
著者: admin
こんにちは。青山(高)です。


梅雨らしい日が続いています。
こんな日は蒸し暑くて、ベトベトして気持ち悪いですよね。
そして晴れると倒れるほど蒸し暑く、過ごしにくい!!



そんな時、皆さんはどうしてますか?


自然に任せて、耐えていますか?
それとも、エアコンや除湿機で湿度を下げていますか?



過去にも書いたことがあるのですが、
東京電力の調べでは、約6割の方が
『除湿(ドライを含む)』をしている
そうです。



そのうちの約半数の人が、エアコンの除湿(ドライ)を使っているそうです。

調査によると、

・蒸し暑いとき
・ジメジメしているとき
・梅雨時
・就寝時
・肌寒い時

などに、ドライを使っている人が多いです。

ドライを選択する方は・・・









「ドライの方が湿気を取れる」 とか、
「電気代が安いと思うから」 とあります。


なんとなくのイメージで、使っている方が多いと思います。



そのエアコンで「ドライ」を使っている方にお知らせです。



ドライは「冷房より湿気は取れず、
電気代がかかる」場合が多いんです!




えっ?


そうなんです!
皆さん、知らない方の方が圧倒的に多いです!
僕も昔は知りませんでした!



今日はここまで。
次回はこの理由を書いていこうと思います。

お楽しみに~♪ ^^




カテゴリー: money
著者: admin
こんにちは。青山(高)です。

今日は地鎮祭を執り行わせて頂きました。
私にとって、初めての仏式。

カッコ良かったです!!
感動しました!!


今回、写真は載せませんが、とてもよかったです。

Rさま、本日は無事、起工式ができましたこと、
本当におめでとうございます。

私たちはこれから事故なく、安全に
しっかりと施工を務めさせていただきます!




そして、その後はキッチンを見に
お客様と一緒にショールームへ。



キッチンと言っても、色々なタイプがあります。








I型のモノ、L型やアイランド型、二の字、
対面、壁付け。
食洗機やIH、ガスなど、本当に様々です。


その中でも、お客様にとっても好評だったのが、
人造大理石のワークトップとシンクの
つなぎ目が一体となった、メンテのしやすいキッチン。

アイランド型で、奥行きがあり、
お料理をするのも楽々!
きっと、楽しい毎日になるんでしょうね!^^


キッチンって、毎日使うところですが、
『ちょっと面倒くさい』
と思う事もある場所。


だからこそ、笑顔でいて頂けるものを選んで欲しいのです!


例えば、機能面や使い勝手、色、収納力。
毎日使うところだから、どうしても汚れやすい。


その汚れを簡単に日々のお手入れが出来れば・・・。


時短になり、時間ができ、
家族と過ごす時間が増えると思います。


日々のお手入れがしやすいという事は
ランニングコストにも影響します。


片付ける手間が省ければ、生産性が上がり、
余分な時間やコストをカットできます。

フィルターや余分な洗剤も少なくなり、
コストを抑えることが出来るかも。


色だって、重要です!

毎日立つ奥様がワクワクする色を選んでいただければ、
きっと、『ニコニコ』 があふれ、
ご主人も家族も笑顔になると思います。


キッチンの色は
空間のメインカラーにもなるほどの
強い力を持っています!


だから、キッチンの色をメインに考えることで
キッチンがインテリアとなり、
LDKを彩ります。


トータルコーディネートを考える
重要な要素にもなるんですよ!


ワクワク
するキッチンを選べば、
気持ち的にも、ラクになり、
好循環になると思います。


だから、キッチン選びは大切なのです!




今日はちょっと、
違う観点で、『お得につながること』
書いてみました。



カテゴリー: money
著者: admin
こんにちは。

10月に入りましたね。
いよいよ消費税10%扱いスタートまで、あと1年になりました。

2017年3月31日までに引き渡されたものに関しては8%ですが、
経過措置がある住宅(建設)業界は、2016年9月末日までに契約したものが8%扱い。
それ以降は10%扱いになります。

注文住宅を考えている方は残り1年ですので、時間を上手に使ってくださいね。



先日、あるお客様からこんな相談を受けました。

「今、アパート住まいなんだけど、まだ頭金がないし。
でも家賃を払っていると、ずっとお金たまらないし、どっちがいいんだろう?」



答えは簡単です。

金額面だけなら、すぐに建てましょう!



最初のうちはつらいかもしれませんが、生涯にかかる金額を検討してください。


<検討条件>
建築費用2500万円、今の家賃が6万円。
10月のフラット35の金利が9割以下で1.59%、9割超で1.72%。
35年、または32年間固定金利。優遇制度ありの場合と無しの場合で

4つのパターンを考えてみました。

① 頭金なし。全額ローンで借りる場合。
② 頭金を3年で250万貯めて、残りをローンで借りる場合。金利は①と同じ。
③ 頭金を3年で250万貯めて、残りをローンで借り、金利が0.5%アップした場合。
④ ③と同じで金利優遇がない場合。


20151001-42.jpg

20151001-43.jpg

20151001-44.jpg

20151001-45.jpg


いかがですか?

金額だけで考えると、家賃を払い続けると無駄になってしまうお金が多くなります。
また、10月のフラット35の金利は先月より上昇しており、ここ数か月を見ると
上昇傾向が見られます。

フラット35Sになれば、当初10年間は0.6%の金利優遇があり、
さらに住宅ローン控除もあるので、お金も戻ってきます
(ローン金額の1%×10年。最大500万円)。

頭金が借入金額の1割以上ある方が金額面でさらに良いのですが、
今は金利が低くく、頭金ゼロでも比較的低金利で借りられる住宅ローンがあるので
このように直ぐに結論が出せます。


しっかりと資金計画を行って、
生涯にかかってくる金額も見据えて、
何が一番 得になるのかを考えることが大切です。

わからない場合は、是非ご相談くださいね。



カテゴリー: money
著者: admin
こんにちは。青山(高)です。

皆さん、シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?
私は21日に建設業協会主催の野球大会に参加してきました。

詳しくはコチラのブログにもアップされておりますので、
合わせてごらんくださいね。

さて、住宅を考える際、
いつ買うのが良いのか?
と悩まれますよね。

私が言ってしまうと、『営業だろう!』と言われてしまうかもしれませんので、
前にも掲載しました、住宅関係の専門誌「新建新聞社」が出している
「新建ハウジング」の中に、掲載されていましたので、
一つの検討材料としてご覧ください。

20150924-36.jpg

この記事の題目、かなりひきつけられます!

そして、今の状況を、こう書いております。

20150924-39.jpg
20150924-40.jpg
20150924-41.jpg

2000万円の家を買う場合、8%の消費税なら160万円。
10%になると200万円。
その差40万円になります。


住宅ローンの場合、3000万円を借りるとすると
金利が0.3%上がるだけで、200万円弱も支払総額が変わってくるのです。


さらに、物価が上がっているので2年前より1割強、材料も工事費も上がっていますし、
東京オリンピックを見据えると、資材の高騰やさらなる工事費の上昇が考えられます。


実はこれって、消費税より大きい影響があるんですよ!!

消費税は2%アップ。
物価上昇は1割っていうと、10%になります。

だから、影響が大きいんです。


私も『住宅ローンアドバイザー』として、いつも
「早めに動いておくことで、損はありません」とお伝えしています。

決定はあくまで、皆さんが決めて頂ければいいと思います。
でも、そのプロセスや準備段階の判断材料は必要になってきます。

また、金利もかなり低い水準で推移していますので、
アドバイザーとしても今は十分に検討してよい時期だと思います。

また、全期間金利が固定の『フラット35』などでは優遇制度もあり、
ある一定の水準を満たした住宅をつくると
当初10年間は金利を0.6%引いてくれるという、心強いローンもあります。



では、いつまでに建てればよいのか?

消費税だけを考えるならば、来年2016年の9月末までに契約をしていれば
8%の扱いになります。

また、それ以降の契約でも2017年3月末までに
お引渡しが出来ていれば、8%の扱いです。


金利面で考えると、こればっかりはどう推移するか、誰も読めません。
しかし、今が史上最低金利くらいであるという事を考えると、
今後は上がり傾向が予想されます。

それが来月になるのか、来年になるのか、数年後になるのか・・・。


だからこそ、早めに検討だけはしておいた方が良いでしょう!


早めに検討って言ったって、どうすればいいの?という方は
住宅ローンアドバイザーやファイナンシャルプランナーさんに
資金計画などをしてもらうとよいでしょう。

私たちでも無料でご相談を承っていますので、
まずはお気軽にご連絡ください。


そして、わからないことを一つずつ、一緒につぶしていきましょう!!